プロフィール

グリーフケアの専門家
山田眞佑里

米国クラフトンヒルズカレッジ心理学部卒業後、新聞社、外資系5つ星ホテルの宿泊総支配人秘書など経て、30歳で銀行国際部に転職。女性初の海外投資及び開発担当者となる。

ビジネスでは世界各国の富裕層を顧客に持ち、プライベートでは両親の事業負債約6億円を完済するなど様々な経験を持つ。

2000年からヒーリング&スピリチュアル分野に興味を持ち、古神道、運命学、開運学、直伝霊気などの研鑽を積む。仕事をしながら社内の社員の相談に乗る活動を始めたところ、「心が元気になる」という口コミで、顧客や社外からも相談者が続出。2011年にヒーリングサロPearly Roseを創設。

現在は東京・札幌・大阪にサロンを設け、延べ7,000人以上の個別カウンセリングを行う傍、グリーフケアセラピスト養成講座を開講。東京、大阪、札幌を中心に100名以上の卒業生を輩出し、今後、日本においてより必要となるグリーフケアの普及に努める。

 

30億円以上のお金を動かしていた私がヒーラーになった話

こんにちは、眞佑里 です。

私はアメリカの大学を卒業後、北海道の大手新聞社に就職。その後外資系大手ホテルや銀行の国際部で仕事をしておりました。銀行時代に動かしていたお金は30億円以上。当時担当していたお客様は世界中の富裕層ばかりでした。仕事をしながら彼らから学ぶことも多く、やりがいのある日々を送っていたのです。

しかし、ある日を境に私はその全てを辞めて、ヒーラーとして活動するようになりました。それにはちょっと不思議な出来事が関係しています。

今から約18年前の2000年。私が銀行国際部で米国のニューヨーク州に短期駐在していた時にある日、突然仕事がキャンセルになった私は、「せっかくのオフだから、ナイアガラの滝を見に行こう」と、友人と飛行機でカナダに飛ぶことにしたのです。離陸してすぐ寝ていた私はトロント空港に到着したつもりだったのですが、気がついたらそこはニューアーク空港。なんと視界不良のため着陸出来ず、ニューヨークに戻って来てしまいっていました。

予定がなくなってしまい、目的もなく、ニューヨーク五番街を歩いていたのですが、そんな私に突然!!!「 Don’t worry…..I have a messege . (驚かないでください、あなたにメッセージがあります)」と見知らぬ米国人女性が声をかけてきたのです。

ちょっと考えてみていただきたいのですが、外国で知らない人にいきなり「あなたにメッセージがあります」なんて言われたらビックリしませんか?

私も、ビックリしてその場に立ち往生してしまいました。驚いた私に彼女は名刺を差し出してきました。その名刺には、メディアで活躍する霊能者の名前が刻まれていたのです。それから彼女は私に対してこう話をしてきたのです。

I do not know the reason.I am a messenger.Please visit here. …….(私にも理由はわからないの。私はただあなたにメッセージを届けるように言われたの。この場所を訪ねてみてちょうだい)彼女はそれだけ言うとその場から立ち去っていきました。

あまりに突然の出来事で驚きましたが、私はこの時なぜか直観に従って予約も取らずに、カードに書かれた住所を訪れることにしたのです。その住所に向かうと、古い建物に看板が出ていました。2階へ上がり、電気のついていないうす暗い廊下で待たされた私は、赤っぽい電灯のついた奥の部屋に通されます。

そこで、待っていたのは一人の女性でした。そして、彼女は私にこう言ったのです。I’ve been waiting for you.The reason you came to New York is to receive this message,because there is no one to tell to Japan.(あなたを待っていました。神様からあなたに伝えるように託されたメッセージがあるの。日本にこれを伝えられる人が誰もいないから、あなたはニューヨークに呼ばれたのよ)」

会ったばかりの人に急にそんなことを言われても、正直、半信半疑。「なにこれ?本当?だまされていない……?」と思ったのですが、その心とは裏腹に何故か彼女の声が自分の体に響きわたってくるのです。

(この人の話を聞いたら、何か自分の人生が変わるかもしれない)

そう感じた私はいい機会だと思って、当時悩んでいた母の病気のこと、事業の資金繰り、自分の未来について質問をしてみました。

そうすると彼女は私を幼き頃からすべて見ていたかのように、質問に迷う事なく答えてくれるのです。ここでは言えませんが「なんでそんなことまでわかるの?」というプライベートな部分まで言い当てられてしまいました。

そういったこともあり、私は「これは偶然ではない….」とより不思議な感覚を感じました。

最後に彼女は、「You are a person who will play an active in the future. You place more importance on love than ego-based motivations.And, in Japan,  many people will be die unexpectedly. Japan becomes crisis, the world is also same.It occurs to notice the level of consciousness and to shift. You should prepare from now on.あなたは、今後活躍する人。エゴではなく、愛をつたえる勇敢な人です。そして、日本はこれから経験のない程の人が亡くなり、危機になっていく、世界もそう。それは意識レベルに気がつき、シフトするために起こります。あなたは準備をしなさい…..そんなこといわれました。

この出会いは私にとってかなり衝撃だったのですが、その週末の日曜日、さらに追い討ちをかける不思議な出来事が起こります。

その日はニューヨークで一番大きな教会へ、朝日を浴びながら、礼拝に行こうと歩いている時でした。するとまた私の身に不思議なことが起こったのです。

数日前とは違う女性が突然、私に近づいてきて、「I ‘m sorry for being surprised.I am working with a church. There is a message to you from Jesus Christ…….びっくりしたら、ごめんなさい。私はある教会関係者ですが、イエスキリスト様からの伝言があります)」

私:「え?」

女性:「I got a message to tell you.I have no idea what the message saying exactly.But believe it what happened to you yesterday is the truth……(どんな内容かは、私にはわかりません。ただあなたに「先日起きた出来事は本当です。信じなさい。」こう伝えるように言われています。)」

Just start your mission ! Many people are waiting for you.….. (天命に向い、もうはじめなさい・・・皆待ってますよ。)」

今度はこんなメッセージを残して立ち去って行ったのです。

私:「なぜ、あの先日の出来事をこの人が知っているんだろう…..?」私はまたその場に立ち尽くしてしまいました。

このアメリカでの出来事は今でも信じられないくらい、本当の話です。しかし​この不思議な出来事が起きてから、私は自然とヒーリングやカウンセリングなど、人の心を扱う方面で多くの人のお役に立っていく将来を意識するようになりました。

それから私は、科学的視点でスピリチュアル研究に興味を持ち、米国フロリダ州認可ヒーリング単科大学(欧米№1 ヒーリング学校) で 代替医療を学ぶことになります。また、日本人の精神を培ってきた森羅万象に神が宿るとする古神道、運命学、開運学、直伝霊気なども学び、多方面から学び初めて、研鑽にも努めるようになりました。

​そこから、「学んだ事を生かして経験をつけよう」と、ビジネスの世界で企業管理職、会社役員として働きながら人の相談にのるカウンセリングをずっと続けました。カウンセリングだけではなく、地元の北海道のイベントの子供を無料招待したりするなどの慈善事業にも力を注ぎました。

そして、学びながらの活動からちょうど10年が経った、2010年にアメリカでまた私の身に不思議な出来事が起こったのです….

私は旅行でアリゾナ州のセドナを訪れていました。セドナはヒーラーやミディアム、霊能者など、数多くのスピリチュアルな人たちが集まる街です。ガイドをお願いした方が、「なぜか分からないけどあなたに合わせたい人がいる!」と地元で有名だという方に次々引き合わせてくれたのです。

1人は地元のキリスト教の司祭でヒーラーの方、2人目はネイティブインディアン部族長のメディスンマン(祈祷師)、そしてメディスンマンの娘の方でした。そして、3人それぞれが急に私に同じ言葉を伝えてきたのです。『 The time has come.Start now…… (時期がきました。仕事を辞め、ヒーラーとして生きなさい。より多くの人を癒しなさい。気づきをもたらしなさい。)』

そして、4人目に会ったヒーラー(メアリー・モーニングスターさん)が私にこう伝えました。

Do you have a healing bed? Start now.You do not have to learn anymore.All wisdom is well inside of you.You are a great healer.…あなた、ヒーリングベッド持ってる?今すぐ始めなさい。あなたはもう学ぶ必要がありませんよ。すべての叡智はあなたの内側にもう十分に備わっています。あなたは偉大なヒーラーです』と。

この言葉を受けて私の中に「もう後戻りできない。始めなければ、終わらない」そんな身震いする覚悟が湧き上がってくるのを感じました。

そこから、企業人としてのキャリアから一旦退き、ヒーラーとして生きると決めて2010年末に、総合助言コンサルティング& ヒーリングサロン『Pearly Rose』を立ち上げることにしたのです。​

ここまでが私がヒーラーになるまでに起きたちょっと不思議な話です。実はもっと不思議な話もあるのですが…….(それは興味がある方には直接お伝えしますね)

予言と現実

Pearly Roseを立ち上げた直後の2011年3月に、東日本大震災が発生しました。この出来事で私は「ニューヨークやセドナで言われたことが、現実に起きていると…..」信じざるを得ませんでした。同時に自分の活動を本気でやっていくことを再度決意したのです。

そこからの現在にかけて、相談者は延べ6,000人に達しました。現在も1週間に多い時は、20人以上の人と個別面談を行っています。自分1人では力が足りず、「セラピストの養成講座」も立ち上げました。少数精鋭講座にも関わらず2年間で、東京・大阪・札幌の3都市で100名超の卒業生が育ち、その中には医療従事者や教育者、保育士、子育て世代の受講生も多数います。

今まで数多くの方々の相談に乗ってきた経験と、ビジネスマンとして世界中を飛び回ってきて思うことは、世界は、全く違う環境、道理、道徳で育った人ばかりです。違いを認めて、お互い成長することが、新しい未来を創造するのではないかと思います。

そのためには、深く「洞察」すること。真に「共感」し、相手の本当の「価値」を見出し、意志を持って「信頼」しながら、「調和」する事が大切だと思っております。

こんな想いを持って、今私は活動しています。最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

絶対的な安心感を手に入れる・グリーフケアセラピスト養成講座はこちらです。

私の考えや心のブレーキについて勉強したい人はこちらからどうぞ。

PAGE TOP